スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
アルファベットの発音を覚えよう。
2006 / 04 / 06 ( Thu )
今日は進級後、初の英語教室でした
3週間もお休みだったのに、家でもCDを聞いたり、
簡単な会話を英語でしたりしていたからか、(本当に『簡単な』会話です
お休み前よりも口に出せるようになっていてビックリしました

シオが通っている英語教室はリトミック的な要素がほとんどです。
あるCDに収録されているほとんどの曲が授業で使用されます。
(市販されているのCDかはわかりません
今日から「Alphabet Sounds」という曲が登場しました。
これは正しいアルファベットの音を覚えよう!という趣旨の曲です。
例えばわかりやすく言うと日本人なら「A」と見れば「エー」ですよね。
でも単語の中の「A」は決して「エー」とは発音しないので、
アルファベットの正しい発音を知っていれば、
子供が自然に知らない単語でも読めるようになる(はず)ということでした

私はこの曲の内容を先生から説明された時は、思わず「なるほど~」と思いました。
もし子供の頃からこんな良い曲を知っていたら、
知らない英単語もスラスラ読めたかもしれないのに~
先生に以前から「この曲はみんな大好きなんですよ」と言われていた曲でしたが、
確かにみんなの集中力はすごかったです!
この曲には「ボード」があって、曲に合わせて指でさしていきます。

アルファベットボード

↑↑ 「baby baby b/b/b」・・・という感じの曲に合わせて指をさしていきます。

みんなちゃんとやってるわ~と、シオを見ると何気にシオも指でさしてました
CDは以前から持っているので、もちろん聞いたことはありましたが、
家だとイマイチ反応がなかったのに、教室だと楽しそうに指をさしていることにビックリでした。
私も楽しいので、家でもどんどん聞きたいと思います

話は少し知育外なのですが、シオが通っている英語教室は、
外国人の先生と日本人の先生の二人が担当してくださっています。
お二人ともとってもおっとりされていて、とっても人気のあるコンビなのですが、
今月末で外国人の先生が妊娠されたため、お辞めになるそうなんです。
おめでたい事ながら、何ともいえないのんびりとした雰囲気がとても好きだったので、
とってもとっても寂しくなってしまいました
最後は笑顔でお別れしたいと思っているのですが、なんだか自信がないです~

スポンサーサイト

テーマ:英語de子育て - ジャンル:育児

21 : 42 : 11 | 英語 | トラックバック(0) | コメント(11) | page top↑
英語に慣れよう。
2006 / 02 / 17 ( Fri )
シオは昨年の11月から英語教室に通っています。
たまに英語教室の賛否について書かれているブログの記事も目にしますが、
私もこの月齢から通わせることに意味があるのかな、とさんざん悩みました。
いくらネイティブな外国人の先生がいらっしゃるとはいえ、
たった週1回のことだし・・・とかなり悩みました。

でも、最後はシオが英語にとっても興味があるように私も夫も感じたので、
いつでもやめられるんだから!と思い切って通い始めました。
それに幼児教室でも同じですが、教室にいる間だけで何かを習得できるなんて、
(こう言ってしまうと先生方に大変失礼ですが
ちっとも思っていないので、少しでもプラスになれば、とも思ったからです。

内容はというと、月ごとに設定されているテーマにしたがって、
歌やゲームを通じてテーマに関する単語やフレーズに親しもう、というものです。
ちなみに今月のテーマは「一日の生活」なので、
「wash」(洗う)や「brush」(みがく)などの単語や、
「Good morning」「I'm ready」(準備できたよ)などの表現が、歌やゲームの中にでてきます。
半分以上は歌を歌ったりしているので、リトミック的な要素が大きいかもしれません

幼児教室と同じで、私が家でどういうことをしたらいいのかということのヒントが、
たくさんあって、通ってとても良かったなぁと思います。
英語の絵本を選ぶときも以前は洋書コーナーで、ずいぶん考えていましたから

私はどちらかというと英語は苦手科目だったので、
英語教室の外国人の先生となかなか会話が成立しないのですが
(もう一人、日本人の先生がいらっしゃるので、そちらの先生に頼りっぱなしです
私ももう一度やってみようかな、という気になって、
今NHK教育テレビの「100語でスタート!英会話」で再勉強中です
シオも時々再放送を一緒に見ているのですが、ニコニコしながら見ているのを見ると、
なんだかシオのほうがわかりそうだなぁ、なんて思っちゃいます

テーマ:早期教育・幼児教育 - ジャンル:育児

13 : 53 : 23 | 英語 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
英語を好きになろう。
2006 / 02 / 15 ( Wed )
シオは英語がとっても好きです。

デパートや空港などで外国人の親子が話しているのが聞こえてくると、
ニコニコして嬉しそうに聞いていますし、
トーマスのDVDも英語版の方が好きなようです

シオが英語に興味を持つきっかけになったのは、
たぶん1年ほど前に買ったアルファベット(大文字)パズルの影響が大きいと思います。

アルファベットパズル

↑↑ ABCパズル

これは一人でできるようになるまで、ずいぶん時間がかかりました
(結局5ヶ月ほどバラバラにするだけ、という遊びを繰り返していました
買ったのが1歳4ヶ月頃だったので、パズル事体に興味がなかったことが大きいのですが、
買ったものの、ずいぶんと眠っている時間が長かったです

このパズルは写真を見るとなんとなくわかると思うのですが
下に関連した絵と単語が書かれています。
本来はそれをヒントにはめていくのでしょうけど、
シオがまだ知らないものの絵もたくさんあったので、
シオ流に「関連づけ」で覚えさせることにしました。

もちろん、appleのAやfishのFなど絵のとおりに覚えさせたものもありますが、
PはパパのcowのC(夫は丑年生まれなので牛)
Pはpercyの(パーシー)P(トーマスに出てくるシオの大好きなキャラクターです)
RはママのrabbitのR(私は卯年生まれなのでうさぎ)
TはThomas(トーマス)のT・・・などなど。
とにかくシオが興味があるものに置き換えて覚えさせました
でもこれをしてからはあっという間に覚えてしまったので、
シオにはわかりやすかったのかな、と思います

完全に覚えた今でもCを見ると嬉しそうに「パパ~!」と言うので、
外で言われると必ずみなさん「??」という顔をされるので、ちょっと恥ずかしいのですが

しばらくして、これと同じシリーズの小文字パズル(abcパズル)も買いましたが、
はじめは「どうしてappleにAとaがあるんだろう?」という感じでしたが、
同じ覚え方で、わりとすんなりできるようになりました

アルファベットパズル2

↑↑ これは大文字と違って下に絵がありませんし、
「d」と「p」、「b」と「q」の大きさが微妙な違いなのでちょっと難しいようでした。

大文字パズルは多いときで一日に10回以上遊ぶくらい、とってもお気に入りでした
今は自分で思いついた大文字と小文字を混ぜて、
ふたついっぺんに完成させるという、高度?な遊びをしています

テーマ:早期教育・幼児教育 - ジャンル:育児

14 : 23 : 16 | 英語 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。