スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
形を楽しもう。
2006 / 01 / 31 ( Tue )
形の種類っていくつかありますが、
英語教室で○(circle)・△(triangle)・□(square)のみっつの形を使った遊びをした途端に、
「形」というものに興味が出てきたみたいです。

幼児教室でもその三つはよく出てくるのですが、
再認識したからなのか、英語だったからなのか、遊びがおもしろかったからなのか、
どれがシオを刺激したのかはわかりませんが、
その三つを見つけると、「あ」と興味津津の様子で見たり、「これ」と私に差し出したりします。

三角形といっても、まず子供に教える正三角形の他にも、
二等辺三角形や直角三角形、ひしゃげた形の三角形など、いろいろな三角形がありますよね。
それらを混ぜた状態で「どれが三角形?」と聞いて、
正確に答えられるようになるのは年中くらいになってからだそうです。

幼児教室では三角形を「いっかく、にかく、さ~んかく」と特徴も含めてリズムつきで教えてくれます。
四角でも同じように教えてくれます。
なので、私も家でもそうやって教えるようにしています。
シオは英語の方が言いやすいというものもあるので、
(例えばキリンよりジラフ(giraffe)、エレファント(elephant)より象のような感じです。)
「これは、いっかく、にかく、さ~んかくだね。トライアングル(triangle)ね。」
と、どちらも教えるようにしています。
(形だけでなく他のものも日本語と英語の両方を教えるようにしています。)

幼児は「さんかく」が大きさでも色でもなく「形」を表す言葉なのだと知ることから始めるそうです。
犬を見て「ワンワン」とか「いぬ」と言うようになるのと同じで、
何度も「あれは犬よ」と教わっているうちに「犬」のイメージができるようになるんですね。
形は犬などよりも抽象化の度合いが高いので、簡単には理解できないということのようです。

三角形の定義は小学校の2年生で学習するそうですが、
それまでにいろいろな形で遊んだりすることが大切で、
そうした経験が蓄積されて、頭の中で整理ができると後々の応用がききやすくなるそうです。

パズルボックス

抗菌パズルボックス 5141-2
↑↑ これは日本製で、塗装もされていない木のおもちゃなので子供に優しいですね♪
シオはプラスッチ製のものを持っていますが、もっと早く出会っていれば!と後悔しました(^_^;)
10種類の形があって、形によって難易度が変化するので、形の認識力を伸ばすには良いですね。


図形パズル

図形パズル
↑↑ これはシオに買ってあげたかったなぁと思うもののひとつです。
「対象年齢が12ヶ月頃から」なので、もっと早く見つけていれば!と残念ですが、
早くから形を楽しく覚えるには良いおもちゃだと思います。
スポンサーサイト

テーマ:早期教育・幼児教育 - ジャンル:育児

13 : 02 : 41 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
図形感覚を磨こう。
2006 / 01 / 30 ( Mon )
先日立体構成力への手助けに、と購入したたんぐらむですが、
これは二等辺三角形の木製ピースが8個をガイドボードにはめこむ、という知育おもちゃです。
ボードは24枚あって、1ピースをはめこむところから始まり、
最後には8ピースをはめこむようにレベルが徐々に上がっていきます。

さんかくたんぐらむ

↑↑ ちょっとわかりにくいですが、屋根とヨットの帆にピースをはめこんでいます。

シオに最初にこれをやらせてみた時、(助言をしたものも含めてですが)
19枚目(4ピースのはめこみ)まで一気にできたことにビックリしてしました。
あら~、案外できるんだね~(^_^;)
初めは合わせ方がわからないものがあっても、次に同じような合わせ方が出てくると、
「これは、こうだった!」というような感じで、すんなりピースをはめこんでしまうのを見ると、
これが応用力ってことなのかなぁ、と思います。
それに4ピースくらいになると、こちらも「うん?」と考えてしまうものもでてきますし、
はめ方の答えもひとつではないものもあるので、一緒に遊んでいても楽しめます(*^_^*)

それに同じ大きさの三角がふたつで大きな三角ができるとか、
三角がふたつで四角ができるということを今から身につけておけば、
小学校受験にもよく出題されるプレート構成にも役立ちますね♪
三角のピースをくるくるまわして、形を考えるということは、
図形感覚を磨くのにとっても良いと思います。
それに構成力も養えますしね♪

次は最近のシオが興味津津の「形」について書きたいと思います♪

NEWたんぐらむ
WP-41 NEWたんぐらむ
↑↑ 7つの形の違う木製ピースを組み合わせて形を作る「たんぐらむ」もあります。
「対象年齢は3歳頃から」です。
(ちなみにWP-50さんかくたんぐらむの対象年齢は2歳頃からです。)


テーマ:早期教育・幼児教育 - ジャンル:育児

12 : 26 : 21 | | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
指先を使おう。
2006 / 01 / 27 ( Fri )
今回も巧緻性についてのお話ですが、
特に「指先を使う」ということがテーマです。

シオは最近、ボタンを留めることができるようになりました。
(大人の服にあるような大きなボタンですが)
ボタンを留めることに一生懸命になっているシオを見ていると、
「指先を使うことは巧緻性以外にも集中力を養う」んだなぁ、と改めて思います。

2歳前後にできる「指先を使うこと」 といえば、次のようなことが挙げられますね。

「開け閉め」    ファスナー・鍵など
「とめはずし」   大きなボタン・マジックテープなど
「はさむ」     洗濯バサミなど
「移しかえ」    スプーン・箸など
「回す」      ふた・ハンドルなど
「ねじる」     飴などの紙など
「つまんで分ける」 数種類が混ざったものを形や色で分ける
「通す」      穴の開いた玉などをヒモに通す

もちろんお子さんによって、もっと前にできるものはたくさんあると思います。
シオも2歳よりも前にできたものもありますし、まだできないものもありますが、
できるだけ、シオができるものはシオにさせています。
例えば、家の鍵の開け閉めもシオとひとつずつ分担しています。
(高いところにある鍵はパパかママ、低いところにある鍵はシオ、というように)

子供はこちらが思うよりもずっと早いスピードで、どんどん器用になっていきますよね。
数日前はできなかったことが、今日はできるというように。
ですから「まだできないでしょう」と後回しにするよりも、
「こんな物もあるわよ」とまず見せて触れさせるように心がけています。
(ついつい「これはママが」と手を出してしまうこともしばしばですが・・・。)
だって、子供も触ったこともないものを器用に扱うなんて無理ですものね(^_^;)

↓↓ これはちょうど2歳になった頃に買ったのですが、
まだ先かな、という私の予想に反して簡単にこなしてしまったおもちゃです。
知育おもちゃ・ひも通し

6種類の色と形の玉をひもに通していくおもちゃですが、
形によって難易度が異なるので、巧緻性と集中力を養うには良いおもちゃです。
ひも通し


↓↓ こちらも同じメーカーのひも通しですが、こちらは対象年齢が1歳頃からとなっているので、
月齢が小さなお子さんにはおすすめだと思います♪
木製の動物が、優しい手触りの動物ひもとおし。

次回は先日購入した「たんぐらむ」について書きたいと思います(*^_^*)

テーマ:早期教育・幼児教育 - ジャンル:育児

12 : 25 : 04 | 巧緻性 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
(続)数を身につけよう
2006 / 01 / 21 ( Sat )
前回に続いて「数」のお話です。

数を身につけてほしいと思ったら、
まずは「数量感覚」のトレーニングが良いそうです。
「いっぱい」と「ちょっと」を比べたり、「わけっこ」をしたり。
これを続けていくと、子供の方から「いくつあるの?」と聞くようになるそうです。
今のシオからは想像できませんが、そうなってくれることを楽しみにしている私です。

まだ「2」しか認識できていないシオですが、
なるべく数を意識させるように気をつけています。
「いち、に、ちょうだい。」とか「いち、に、さん、あるね。」というように数を口に出すようにしています。
最近では天気予報の雪だるまを見つけることがシオブームのようなので、
天気予報を見ては雪だるまを数えています。
(雪で大変な思いをしていらっしゃる地域の方には申し訳ないのですが・・・)
そのおかげか、「3」をなんとなく認識できそうな感じで嬉しいです。

そんなシオに「数量感覚」のトレーニングのひとつとして購入した本とおもちゃをご紹介します。



↑↑ たくさんのおはなし
本当にたくさんの「たくさん」がでてきて、
読んでる方もつい笑ってしまうくらいカワイイお話です♪



↑↑ できたシリーズ ベビープー 1・2・3 できた
ボールをはちみつのつぼに入れるという「数遊び」ができるおもちゃです。
1年くらい前に買ったのですが、今でも「数」とは関係なく遊んでいます。
なぜか私の母のお気に入りのおもちゃです(^_^;)

テーマ:早期教育・幼児教育 - ジャンル:育児

12 : 27 : 01 | 数字 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
数を身につけよう。
2006 / 01 / 20 ( Fri )
今回のテーマは「数の概念」についてです。

シオは今2歳2ヶ月ですが、まだ「2」までしか数えられません。
ただ口で言えるだけなら「1」から「10」までは言えます。
英語でも「one」から「ten」までは言えます。
(まだまだ親が聞いて分かる程度のものですが・・・)
ハッキリと頭で理解して認識できる数が「2」です。

同じ月齢でもずいぶんと数を認識できるお子さんもいらっしゃるでしょうから、
シオは遅い方かもしれません。
幼児教室では今の時期なら年齢と同じ「2」が分かれば良い、という感じなのですが、
やっぱりもう少しできるようになってほしいなぁ、と思ってしまいます。

「数の概念」は先天的に与えられるものではなく、
幼児期に発達の中で育てられるものなのだそうです。
「数学的な思考は一生もの」らしいので、できるなら得意にしてあげたい、と思いますよね。

何をするべきかというと、「数量感覚」「計数」「増減」「分割」「1対1対応」など、
いろいろな角度から「数」をとらえることだそうです。
まず、子供が興味があるものや身近なものから始めると良いそうです。

こう書いてしまうと堅苦しく感じてしまいますね(^_^;)
でも、本当はどのママさんもお子さんに教えていることなんですよね♪

まず「分割」ですが、これは「わけっこ」のことです。
2個を1個ずつに分けたり、「半分こ」と1個を2個に分けたりしますよね。
「数量」を分けることで「数」を認識しているそうです。
「個数」や「量」のわけっこを繰り返すと良いそうです。

それに「わけっこ」には社会性の面からもいいですね。
お友達と何かを「半分こ」したり、おもちゃを「わけっこ」する優しい子に育って欲しいですものね♪

次も「数」について書きたいと思います(*^_^*)


テーマ:早期教育・幼児教育 - ジャンル:育児

12 : 56 : 14 | 数字 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
(続)巧緻性を磨こう
2006 / 01 / 17 ( Tue )
前回につづいて、「巧緻性」についてのお話をしたいと思います。

食事の時に手を使わせることについて書きましたが、
おもちゃで遊ぶときも手を使わせることが大切だそうです。
月齢が小さなお子さんだと、シール貼りが良いそうです。
シオは幼児教室の体験に行った時に初めてシール貼りをしましたが、
自分ではがして貼る行為は、とても手が器用になると思います。
(私もこれは!と思い、ずいぶんシール貼りをさせました。)

「巧緻性」がテーマになった後、シオには「電池」で動くものは買わないようにしました。
今うちにあるおもちゃで、電池を使うものはそれより以前に買った2つだけです。
ただ、電池を使ったものを否定しているのではなく、
電池で動くものでもお子さんが積極的に参加できるものなら良いと思います。
シオの場合、自分が何もしなくても動くと傍観してしまうタイプなので、あえて避けました。

↓↓ 幼児教室に入ったばかりの頃(1歳5ヶ月)に購入したおもちゃ

知育おもちゃpeg
↑ これは外国製のもので、幼児教室で実際に使っているのを見て、思わず購入したものです。
木のピンを挿すにはちょっと力が必要ですが、巧緻性をつけるにはとても良いおもちゃです。

知育おもちゃ・アンパンマン号
↑ アンパンマン NEWやわらかアンパンマン号パズル
最初の形パズルにはオススメです。
やわらかいので月齢が低いお子さんにも安心です。
シオはこの中にアンパンマンのお菓子のオマケのキャラクター人形をたくさん入れています。


テーマ:早期教育・幼児教育 - ジャンル:育児

14 : 43 : 22 | 巧緻性 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
巧緻性を磨こう。
2006 / 01 / 16 ( Mon )
手を通しての「触覚」のお話をしましたが、
今日も「手」がテーマです。

幼児教室に入ったばかりの頃に先生がおっしゃった言葉で、
私が思わずはっとした言葉があります。
それは今でも時々自分に言い聞かせている言葉でもあります。

「親が子供の手にならないでください」

つまり、子供が手を出す前に親が手を出さない。
子供が片手で不安定に何かをしている時におさえたり、支えたりしない、ということです。

それまで私は何気なく、でも普通にシオの片手になっていたことに、その時気づきドキッとしました。
確かに見ていてまどろっこしい手の動きにはついつい手を出したくなりますし、
こちらがした方が何倍も早いということも多いですね。
でも、それをしてしまうとだんだんと手を出さない、手を使わない子供になってしまう、
というお話でした。

「手」は「巧緻性」だけがポイントではなく、
「手は第2の脳」といわれ、手を使えば自然と脳は動き、
右手を使えば左脳、左手を使えば右脳と手と反対の脳が動くのだそうです。

なので、それから手をなるべく使わせるようにしてきました。
もちろん、シオの片手になることは一切やめました。
なんでもできる範囲で、自分でさせるようにしました。
食事のときも手を使って食べることを制したことはありません。
もちろん、キレイに食べてもらいたいという願いはありますが・・・(>_<)
(それに、これには当初夫の両親はいい顔をしませんでしたし。)

これは後に伺ったことですが、
子供が食事に飽きると、私もついついしてしまうのですが、
親が子供の手の代わりになって食べさせてしまいますよね。
これをいつもいつもしていると、子供の「依頼心」が強くなり、
「食欲」・「意欲」のスイッチでもある視床下部のスイッチも押さなくなってしまうそうです。
「躾(しつけ)」を気にするなら、「手で食べる物」と「道具で食べる物」を教えること、
そして、徐々に「道具で食べる」ことを増やしていけばいいそうです。

もうひとつ実践したことは、「利き手」を作らないようにする、ことです。
これは幼児教室で言われたことではなく、夫と私の考え方なので正しいかは分かりませんが、
幼いうちに利き手を強制することは子供の脳の活性化の望む上で、
特別必要なことではないんじゃないかな、と思ったからです。
今ではシオは両方の手を同じくらい、同じように使います。
(これをする時だけはこちらの手を使う、ということもないようです。)
ただ、幼児教室では強制はされませんが、
やはり何かを書く時に「クレヨンは右。紙を押さえるのは左。」とはおっしゃっています。

「手を使うおもちゃ」については次回に書きたいと思います♪

※巧緻(こうち)=たくみで、細かな点にまで手が行き届いている・こと(さま)。


テーマ:早期教育・幼児教育 - ジャンル:育児

12 : 00 : 36 | 巧緻性 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
感覚を磨こう。
2006 / 01 / 13 ( Fri )
幼児教室に通い始めたばかりの頃、
先生に「感覚」を大切にしてください、とよく言われました。
「感覚」というとわかりにくいですが、五感のことです。

幼児期は五感を通して育ち、変わっていくのだそうです。
特に「触覚」は大事だということでした。

話が少し変わりますが、シオがまだ3ヶ月の頃に、
区役所で行われた「乳幼児のための救命救急講習会」なるものに参加したことがあります。
その中の「誤飲への注意」というテーマの時にも五感についてのお話を聞きました。

乳幼児は大人と違って大部分を「触覚」で物を判断します。
それが物を口に入れるという行為です。
それをむやみに禁止してはいけません。
大事なことは「口に入れては危険なもの」を子供のまわりに置かないことです、と。

あぁ、なるほどなぁ、と思った私は口に入れられては困るもの以外は容認してきました。
なので、「感覚」について幼児教室の先生からお話があった時、妙に納得してしまいました。
もちろん、もう物を何でもかんでも口に入れる時期はとっくに終わっていますから、
「触覚」といっても「手」を通してのことです。

幼児教室の先生がおっしゃるには幼児期は手を通して、
大きさ・形・重さ・表面の違い・危険度・・・などの情報を多角的に仕入れているそうです。
それに手の平には1万7千もセンサーがあり、
手の平全体を使うことは右脳の発達にも重要だということです。
加えて、大事なことは「触覚の言葉」をそのつど親が添えてあげないと、
子供は意識的に覚えられないそうです。
(例えば「つるつる」や「ざらざら」・「ごつごつ」などの言葉ですね。)

そして、手の平全体を使うことの良いことに「情緒の安定を計る」こともあるようです。
「ベタベタ」とする「粘土」や「糊」を使うことで、
気持ちが落ち着き、ストレスが発散されるそうです。

シオはまわりの方はもちろん、親も認めるほどの「おっとり」なタイプですが、
それでも情緒の安定にあるなら、と1歳10ヶ月の時に粘土を購入しました。
シオはコネコネとするのは好きなようですが、
まだ何かの形をつくる、ということはしません。
情緒の安定というものは見た目ではわかりませんが、
手を使う遊びとしては粘土はとってもいいですね♪

ねんDO! おためしはじめてセット
↑ 粘土やねきがたの他にもおさかなのヘラやおさるのローラーがついていてカワイイです♪ 
  もちろん安全性が高い小麦の粘土で、安心です。





テーマ:早期教育・幼児教育 - ジャンル:育児

12 : 35 : 58 | 感覚 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
立体構成力をつけよう。
2006 / 01 / 11 ( Wed )
幼児教室のテーマに「平面構成」があったことは書きましたが、
その次のテーマは「立体構成」でした。

つまり「円と球の違い」ということですね。

幼児期に頭の中で立体が描かれないと、
小学校の高学年以降の図形問題につっかかりやすく、
抽象的な考え方も苦手になってしまう・・・と聞いて、
ちょっとマズイなぁ、と思いました。

うちにもブロックや積み木はありますが、
シオはほとんど遊びません。
遊ぶとしても、何か形を作るというよりは、
ただ積み上げたりする、というもの。(それも短時間)
幼児教室の先生にそのことを話すと、
「今の時期はそれで構いません。これはお家?など声をかけてあげてください。」
と言ってくださったのですが、最近ちょっと気にかかっています。

子供にも好きなもの、好きではないものがあることは、当然に分かります。
でも、将来苦手なものを作ってほしくない!というのは親バカなんでしょうね。

いろいろと考えた末、
シオが好きなパズル的な要素もある「たんぐらむ」を購入しようかな、と思っています。
直角二等辺三角形の木製ピースだけを使っていろいろな形を作る、図形パズルで、
手や指の器用さを高め、図形感覚を養うそうです。

これが直接「立体構成力」にはつながらないとは思いますが、
「立体的なもので形をつくる」ことに慣れてくれればなぁ、と。
シオの反応などはまた後日に書きたいと思います。

↓ 参考までに。購入予定の「たんぐらむ」です。



WP-50さんかくたんぐらむ

テーマ:早期教育・幼児教育 - ジャンル:育児

12 : 16 : 45 | 構成力 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
(続)平面構成力をつける
2006 / 01 / 09 ( Mon )
前回、初めて買ったパズルのお話をしましたが、
私が予想していたよりずっとずっと早く、
8ピースを一人でできるようになったシオは、
一日に何回も何回も遊ぶほどパズルが好きになりました。

それからしばらくしてトイザラスに行った時に、
パズルがメインというよりは、
「たくさんのキャラクターがのってるから」という理由で、
何気なくトーマスの30ピースのパズルを買いました。
トーマスたちが大好きなシオは大喜びで、
一週間で一人でできるようになりました。

image2.jpg
↑ 分かりにくいですが、トーマスのまわりにたくさんのキャラクターがいます。
30ピース ピクチュアパズル トーマスとなかまたち大集合 28-176

これには私も含めて、夫も両方の実家の面々もビックリでした。
「え~、2歳なのにできるんだね~。」
と、ただただ驚きでした。

でも、幼児教室の先生がおっしゃっていたように、
パズルをしているシオを見ていると、
パズルをすることで得られるものはあるように思います。
難しい言葉では説明できませんが、
確かに本人はいろいろと考えながら、
器用に調整しながらやっているようです。

パズルをするシオ
↑ ピンクの服を着ていますがシオです・・・。

もちろん、初めから一人でできるようになるワケではないので、
最初は私が覚えやすいように説明しながら、一緒にします。
分からない時や気分がのらない時は「ママ」とピースを渡すので、
そういう時は「分かるのからしようか」と一度「保留」にさせます。
今ではすっかりシオも「保留」を覚えて、
分からないものや真ん中のピースはパズルの外に置くようになりました。

そんなパズルが好きなシオに、
「もっと他のも買ってあげたら?」と、
どんどん増えて今ではトーマスだけで4種類もあります。

トーマスのパズル4枚
↑ 左上から時計回りに30ピース・35ピース・46ピース・32ピースです。

シオはどれも好きなようですが、
やっぱりたくさんのキャラクターがあるからか、30ピースのパズルがお気に入りです♪

テーマ:早期教育・幼児教育 - ジャンル:育児

21 : 24 : 02 | 構成力 | トラックバック(1) | コメント(3) | page top↑
平面構成力をつける。
2006 / 01 / 06 ( Fri )
我が家の息子は2歳2ヶ月ですが、
今、好きな遊びは「パズル」です。
最高で46ピースを一人で完成させます。
ちなみにこのパズルには「対象年齢は5歳から」と書かれています。

自慢話ではなく、たぶんどのお子さんも、
大人が思うよりも案外すぐにできると思います。
同じくらいの月齢でももっと多いピースのパズルもできるお子さんもいるんじゃないかな、と思います。

私がシオ(=我が家の息子です)にパズルを与えるきっかけは、
幼児教室で「平面構成」というテーマがあったからです。

先生に「パズルはしたことがありますか?」の問いかけに、
まだ2歳なのに?と正直ビックリしてしまいました。

ただ、先生がおっしゃるには、パズルを行うことで、
「構成力」「集中力」「洞察力」「判断力」がつく。
手が器用になる。
いろいろな角度から「ものを見る」力がつく。
ということでした。
それならば、うちの子にもさせてみよう、とさっそく近くの書店へ。

「このくらいの年齢ならば、2ピースか4ピースならすんなりできますし、
好きなキャラクターなどのパズルならやる気もでますよ。」
という先生のお話にさっそく書店で4ピース・6ピース・8ピースがセットになった、
シオが大好きなトーマスのパズルを買いました。

↓ この写真は一番簡単な4ピースのものです。
左側のお手本を見ながら作れるというものですが、
シオはお手本には目もくれず、わが道を行くって感じでした・・・(汗)

トーマスのパズル


これがシオがパズル好きになるきっかけでした。

テーマ:早期教育・幼児教育 - ジャンル:育児

20 : 16 : 57 | 構成力 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。