スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
指先を使おう。
2006 / 01 / 27 ( Fri )
今回も巧緻性についてのお話ですが、
特に「指先を使う」ということがテーマです。

シオは最近、ボタンを留めることができるようになりました。
(大人の服にあるような大きなボタンですが)
ボタンを留めることに一生懸命になっているシオを見ていると、
「指先を使うことは巧緻性以外にも集中力を養う」んだなぁ、と改めて思います。

2歳前後にできる「指先を使うこと」 といえば、次のようなことが挙げられますね。

「開け閉め」    ファスナー・鍵など
「とめはずし」   大きなボタン・マジックテープなど
「はさむ」     洗濯バサミなど
「移しかえ」    スプーン・箸など
「回す」      ふた・ハンドルなど
「ねじる」     飴などの紙など
「つまんで分ける」 数種類が混ざったものを形や色で分ける
「通す」      穴の開いた玉などをヒモに通す

もちろんお子さんによって、もっと前にできるものはたくさんあると思います。
シオも2歳よりも前にできたものもありますし、まだできないものもありますが、
できるだけ、シオができるものはシオにさせています。
例えば、家の鍵の開け閉めもシオとひとつずつ分担しています。
(高いところにある鍵はパパかママ、低いところにある鍵はシオ、というように)

子供はこちらが思うよりもずっと早いスピードで、どんどん器用になっていきますよね。
数日前はできなかったことが、今日はできるというように。
ですから「まだできないでしょう」と後回しにするよりも、
「こんな物もあるわよ」とまず見せて触れさせるように心がけています。
(ついつい「これはママが」と手を出してしまうこともしばしばですが・・・。)
だって、子供も触ったこともないものを器用に扱うなんて無理ですものね(^_^;)

↓↓ これはちょうど2歳になった頃に買ったのですが、
まだ先かな、という私の予想に反して簡単にこなしてしまったおもちゃです。
知育おもちゃ・ひも通し

6種類の色と形の玉をひもに通していくおもちゃですが、
形によって難易度が異なるので、巧緻性と集中力を養うには良いおもちゃです。
ひも通し


↓↓ こちらも同じメーカーのひも通しですが、こちらは対象年齢が1歳頃からとなっているので、
月齢が小さなお子さんにはおすすめだと思います♪
木製の動物が、優しい手触りの動物ひもとおし。

次回は先日購入した「たんぐらむ」について書きたいと思います(*^_^*)
スポンサーサイト

テーマ:早期教育・幼児教育 - ジャンル:育児

12 : 25 : 04 | 巧緻性 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。