スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
図形感覚を磨こう。
2006 / 01 / 30 ( Mon )
先日立体構成力への手助けに、と購入したたんぐらむですが、
これは二等辺三角形の木製ピースが8個をガイドボードにはめこむ、という知育おもちゃです。
ボードは24枚あって、1ピースをはめこむところから始まり、
最後には8ピースをはめこむようにレベルが徐々に上がっていきます。

さんかくたんぐらむ

↑↑ ちょっとわかりにくいですが、屋根とヨットの帆にピースをはめこんでいます。

シオに最初にこれをやらせてみた時、(助言をしたものも含めてですが)
19枚目(4ピースのはめこみ)まで一気にできたことにビックリしてしました。
あら~、案外できるんだね~(^_^;)
初めは合わせ方がわからないものがあっても、次に同じような合わせ方が出てくると、
「これは、こうだった!」というような感じで、すんなりピースをはめこんでしまうのを見ると、
これが応用力ってことなのかなぁ、と思います。
それに4ピースくらいになると、こちらも「うん?」と考えてしまうものもでてきますし、
はめ方の答えもひとつではないものもあるので、一緒に遊んでいても楽しめます(*^_^*)

それに同じ大きさの三角がふたつで大きな三角ができるとか、
三角がふたつで四角ができるということを今から身につけておけば、
小学校受験にもよく出題されるプレート構成にも役立ちますね♪
三角のピースをくるくるまわして、形を考えるということは、
図形感覚を磨くのにとっても良いと思います。
それに構成力も養えますしね♪

次は最近のシオが興味津津の「形」について書きたいと思います♪

NEWたんぐらむ
WP-41 NEWたんぐらむ
↑↑ 7つの形の違う木製ピースを組み合わせて形を作る「たんぐらむ」もあります。
「対象年齢は3歳頃から」です。
(ちなみにWP-50さんかくたんぐらむの対象年齢は2歳頃からです。)


スポンサーサイト

テーマ:早期教育・幼児教育 - ジャンル:育児

12 : 26 : 21 | | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。