スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
曜日を覚えよう。
2006 / 02 / 28 ( Tue )
シオはつい1週間ほど前から、急に曜日に興味が出てきたようです

きっかけは私の母が木曜日に泊りがけで遊びに来ることになったので、
シオに「木曜日に遊びに来るんだって。今日が火曜日だから、水曜日、木曜日にね。」
と、言ったことからでした。

もちろん、それまでも曜日を含めて説明していましたから、
何がピンときたのかはわかりませんが、シオも「すいようび」とか「もくようび」と言うようになりました。
以前から「今日は金曜日だね。」と言うと、
「アンパンマン!」と言っていたので、(テレビが好きではないシオが唯一見る番組です)
これは「曜日」を覚えるチャンスかも!と、
出張前の忙しい夫に「曜日カード作って!」とお願いしてカードを作ってもらいました

曜日カード

↑↑ 1枚ずつヒモをつけて、毎朝、カードをかけかえることにしました。

まだまだその習慣が定着するのには時間がかかりそうですが、
それでも、なるべく曜日を意識しながら話すようにしています。

ママ:「土曜日と日曜日はパパがお休みだね。」
シオ:「ママ(は?)」
ママ:「ママはいつもお休みだよ。」
シオ:「シオ(は?)」
ママ:「シオもいつもお休みだけど、火曜日は幼児教室で、木曜日が英語教室だね。」
シオ:「かようび!もくようび!」

↑↑ この会話はこの流れで毎回進みます

でも頻繁に「すいようび!」とか言っているので、
本格的に覚えられるチャンスかな~とひそかに期待です

スポンサーサイト

テーマ:早期教育・幼児教育 - ジャンル:育児

22 : 58 : 06 | 曜日 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
似ている形を見つけよう。
2006 / 02 / 26 ( Sun )
高熱が何日も続きましたが、咳が出るくらいでやっと元気になりました
心配してくださったみなさま、ありがとうございました

シオがPN-11 くもんのNEW日本地図パズルで遊んでいるということは以前書きましたが、
(熱が高くても遊んでいましたから、本当にこのパズルが好きなようです
その都道府県のピースの中から「似ている形」を見つけて楽しんでいます。

始めに見つけたのは「鹿児島」と「青森」。
なるほど、今までそういう感覚で見たことはなかったけれど、確かに似ている!
すごいね、シオ~
「兵庫」と「福島」、「福岡」と「岐阜」も似てるよ~!と喜んでいました

似ている形
↑↑ 確かにちょっと似ています
  (上が鹿児島と青森で、下が兵庫と福島です。) 

でも、ここで終わらせていけない!と思った私は、
シオが「似ている形」を見つけて持ってくると、
いつも「どっちが大きい?」「どっちが小さい?」と聞くようにしています。
自分が発見したものなら、「大小の比較」にも興味を持ってくれるんじゃないかなぁと、
ひそかに期待したからです
それがうまくいったようで、こちらが聞かなくても、
「北海道」を指さして「大きい」とか、
「東京」や「大阪」、「香川」を持ってきて「小さい」と言うようになりました
日本地図パズルひとつで、いろいろなことが学べるんだなぁ、と正直ビックリですが、
これも本人の興味があればこそだと思います

日本地図パズル


ちなみに、日本地図パズル自体はもう一人でできるようになりました♪
始めは小さくてツルツルしたピースがうまく扱えなかったのですが、
一日に何回も遊ぶうちに、私も驚くくらい器用に扱えるようになりました。
8割くらいは「都道府県名」を言いながらピースをはめ込んでいるのですが、
あと2割が曖昧なので、(形で場所がどこかはわかるけれど、名前を言わないもの)
お片づけの時には、「ママが言ったものから袋に入れるゲーム」もしています。
これをしてみると、やっぱり「シオが言わない名前=覚えていない名前」ということがわかったので、
このお片づけ方法はしばらく続けようと思っています
シオも袋に入れるときに名前を言いながら入れるので、
シオにはかなり有効な方法かな?と思っています

このパズルを買うきっかけになった全国の天気予報のときも、
関東以外の道府県名も指をさしながら言うになったので、
本当に購入して良かった~と思います
今はまだ地域ごとに色分けしてある「基本ピース」ですが、
時機を見て、色分けのない「発展ピース」もチャレンジさせてみようかなと思っています

近いうちに「世界地図」のパズルも(やっと)購入する予定です
そのうちに記事にしたいと思いますが、
シオが世界の地図に興味を持ってくれるのかちょっと心配です


テーマ:早期教育・幼児教育 - ジャンル:育児

22 : 15 : 06 | | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
(知育外)風邪をひいてダウンです。
2006 / 02 / 22 ( Wed )
シオは昨夜からの熱でしんどいようです
月曜日からコンコンとたまに咳が出るな、と思っていたら、
昨日の午後からから徐々に熱が上がり始めて、
夜には38.9度の熱が出て大変でした
吐いて泣いて、着替え終わった途端に転んで泣いて・・・
今まで熱が出たのが3回しかないうえに、こんなに高熱は初めてなので、
本人もこちらも、ややあたふたとしてしまいました

今日の午前中に近くの病院へ行ってきたのですが、
インフルエンザではなかったので、ひと安心です。
とはいえ、今も38.5度の熱があるので油断はできませんが・・・

本当に病気になると、普段の元気なときのありがたみをひしひしと感じます
早く元気になってほしいと思うばかりです。

テーマ:育児日記 - ジャンル:育児

22 : 01 : 13 | いろんな話をしよう。 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
数字を好きになろう。
2006 / 02 / 20 ( Mon )
最近のシオは数字がとにかく好きなようです

夫に数字カードを作ってもらったのですが、
それで「言葉」と「形」の一致ができるようになったからだと思います。
(例えば「じゅう」と「10」が同じだということです。)
今までは6と9など曖昧な部分もあったので、
1から10までのカードが全部わかるのは嬉しいようでした

そうなれば次に理解して欲しいのは「1対1対応」です。
数と量が一致すればもっと楽しいことが増えますものね

数を覚えるためにいくつかおもちゃを持っていますし、
きかんしゃトーマスシリーズ おけいこ表 かず・すうじもボードにして置いています。
でも、よくある「数を覚える」おもちゃって、「1」は車なのに「2」は飛行機のような感じで、
一貫性がないのが気になっていました。
それなら自分で作っちゃえ!ということで、
夫に作ってもらったカードの裏にシオと二人で赤いシールを貼りました。
まさに「ドッツカード」のようなものですね。

数字カード


でもこれが案外シオにはわかりやすかったようで、
それまでは「3」の1対1対応が曖昧だったのに、
一気に「4」までわかるようになりました
今は「5」にチャレンジ中ですが、
数えられることが楽しいようで、おはじきやお菓子などでとにかく数えています

幼児教室の先生はこの時期は「2」まで数えられれば十分ですとおっしゃっていましたが、
数字を見ると「3」とか「5」とか指をさして嬉しそうに言うので、
興味がある今が吸収するチャンスかな?と思うので、
シオがイヤがらない限りたくさんの数と量の一致ができるようにしてあげたいな、と思います

外を歩いていても鳩を見つけると、妙に大きい声で、
「ハト、one、two!」(←なぜか英語)で数えるので笑えます

テーマ:早期教育・幼児教育 - ジャンル:育児

12 : 39 : 54 | 数字 | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
英語に慣れよう。
2006 / 02 / 17 ( Fri )
シオは昨年の11月から英語教室に通っています。
たまに英語教室の賛否について書かれているブログの記事も目にしますが、
私もこの月齢から通わせることに意味があるのかな、とさんざん悩みました。
いくらネイティブな外国人の先生がいらっしゃるとはいえ、
たった週1回のことだし・・・とかなり悩みました。

でも、最後はシオが英語にとっても興味があるように私も夫も感じたので、
いつでもやめられるんだから!と思い切って通い始めました。
それに幼児教室でも同じですが、教室にいる間だけで何かを習得できるなんて、
(こう言ってしまうと先生方に大変失礼ですが
ちっとも思っていないので、少しでもプラスになれば、とも思ったからです。

内容はというと、月ごとに設定されているテーマにしたがって、
歌やゲームを通じてテーマに関する単語やフレーズに親しもう、というものです。
ちなみに今月のテーマは「一日の生活」なので、
「wash」(洗う)や「brush」(みがく)などの単語や、
「Good morning」「I'm ready」(準備できたよ)などの表現が、歌やゲームの中にでてきます。
半分以上は歌を歌ったりしているので、リトミック的な要素が大きいかもしれません

幼児教室と同じで、私が家でどういうことをしたらいいのかということのヒントが、
たくさんあって、通ってとても良かったなぁと思います。
英語の絵本を選ぶときも以前は洋書コーナーで、ずいぶん考えていましたから

私はどちらかというと英語は苦手科目だったので、
英語教室の外国人の先生となかなか会話が成立しないのですが
(もう一人、日本人の先生がいらっしゃるので、そちらの先生に頼りっぱなしです
私ももう一度やってみようかな、という気になって、
今NHK教育テレビの「100語でスタート!英会話」で再勉強中です
シオも時々再放送を一緒に見ているのですが、ニコニコしながら見ているのを見ると、
なんだかシオのほうがわかりそうだなぁ、なんて思っちゃいます

テーマ:早期教育・幼児教育 - ジャンル:育児

13 : 53 : 23 | 英語 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
英語を好きになろう。
2006 / 02 / 15 ( Wed )
シオは英語がとっても好きです。

デパートや空港などで外国人の親子が話しているのが聞こえてくると、
ニコニコして嬉しそうに聞いていますし、
トーマスのDVDも英語版の方が好きなようです

シオが英語に興味を持つきっかけになったのは、
たぶん1年ほど前に買ったアルファベット(大文字)パズルの影響が大きいと思います。

アルファベットパズル

↑↑ ABCパズル

これは一人でできるようになるまで、ずいぶん時間がかかりました
(結局5ヶ月ほどバラバラにするだけ、という遊びを繰り返していました
買ったのが1歳4ヶ月頃だったので、パズル事体に興味がなかったことが大きいのですが、
買ったものの、ずいぶんと眠っている時間が長かったです

このパズルは写真を見るとなんとなくわかると思うのですが
下に関連した絵と単語が書かれています。
本来はそれをヒントにはめていくのでしょうけど、
シオがまだ知らないものの絵もたくさんあったので、
シオ流に「関連づけ」で覚えさせることにしました。

もちろん、appleのAやfishのFなど絵のとおりに覚えさせたものもありますが、
PはパパのcowのC(夫は丑年生まれなので牛)
Pはpercyの(パーシー)P(トーマスに出てくるシオの大好きなキャラクターです)
RはママのrabbitのR(私は卯年生まれなのでうさぎ)
TはThomas(トーマス)のT・・・などなど。
とにかくシオが興味があるものに置き換えて覚えさせました
でもこれをしてからはあっという間に覚えてしまったので、
シオにはわかりやすかったのかな、と思います

完全に覚えた今でもCを見ると嬉しそうに「パパ~!」と言うので、
外で言われると必ずみなさん「??」という顔をされるので、ちょっと恥ずかしいのですが

しばらくして、これと同じシリーズの小文字パズル(abcパズル)も買いましたが、
はじめは「どうしてappleにAとaがあるんだろう?」という感じでしたが、
同じ覚え方で、わりとすんなりできるようになりました

アルファベットパズル2

↑↑ これは大文字と違って下に絵がありませんし、
「d」と「p」、「b」と「q」の大きさが微妙な違いなのでちょっと難しいようでした。

大文字パズルは多いときで一日に10回以上遊ぶくらい、とってもお気に入りでした
今は自分で思いついた大文字と小文字を混ぜて、
ふたついっぺんに完成させるという、高度?な遊びをしています

テーマ:早期教育・幼児教育 - ジャンル:育児

14 : 23 : 16 | 英語 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
創造力をつけよう。
2006 / 02 / 13 ( Mon )
幼児教室で「創造」というテーマがありました。
シオくらいの時期では「創造力」の有無はまだ判断できないそうですが、
「創造力」は育てることができるので、創造力を育てたいと思うのなら、
次のことに注意しましょう、というお話でした。

・創造力を伸ばしそうなモノを子供のそばに置く(粘土や積み木・ブロックなど)
・見る経験を積む(創造力は模倣から生まれてくるそうです。)

どちらも私にはドキッとする内容でした
シオが積み木やブロックで遊ばない、ということは以前書きましたが、
確かにあまり遊ばない積み木とブロックは一番端に置いていますし、
私や夫が率先して遊ぶ姿もあまり見せたことがないです・・・
シオは積み木とかで遊ばないんですよ~、なんて言ってる場合じゃない
親に責任があるんじゃない~

というわけで、まず配置を変えました。(ついでにフタつきの箱からカゴに変更)
それから、シオがノリ気がどうかにかかわらず、
私が積み木で遊ぶ姿をどんどん見せることにしました。

私が積み木で何か作っているとシオも寄ってきます。
でもしばらくするとス~といなくなり、パズルやトーマスで遊んでいることもしばしば
それでも続けていたら、私がいなくても積み木を出して並べて遊ぶようになりました
ただ、「積み上げる」のではなくて「並べる」ので、
これはどうなのかしら?と思い、幼児教室の先生に伺うと、

それは「高さ」だけではなく「広がり」を含めて、想像力と創造力を養える遊びなので、
積まずに並べているからといって心配しないでくださいね。
 

とおっしゃってくださったので、ひとまず安心しました

シオはトイザラスのレゴコーナーの前を通るたびに、レゴの象で遊びたがります。
「今日は時間がないから、ね。」という時でも触るだけでも!というくらいレゴの象が好きです
もしかしたら、このタイミングなら遊んでくれるかな~という期待と、
夫の「そろそろレゴ買わない?」と前々からのリクエストもあって、
レゴ デュプロ ぞうさんファミリー 2332を買いました
(夫はもう少し小さなピースのレゴが欲しかったようですが
シオはお気に入りの象が家にいるのが嬉しいのか、よくレゴで遊んでいます

レゴ作品

↑↑ 私とシオで作った初作品です♪

それから積み木やブロックは「創造力」以外にも育てる力があるそうです。

積み木=「立体把握力」や物事を多角的に捉えたり、発想の転換を図るなどの柔軟な脳を養う。
ブロック=「空間把握力」

確かにどれも身につけてほしいな、とは思いますが、
今は積み木もレゴも楽しいもの♪、と感じてくれればいいと思います。
一緒に遊んでいるこちらの方が楽しんじゃってるかも

テーマ:早期教育・幼児教育 - ジャンル:育児

13 : 20 : 22 | 創造力 | トラックバック(0) | コメント(9) | page top↑
(続)地図を楽しもう
2006 / 02 / 09 ( Thu )
シオが日本地図のパズルが好きということを書きましたが、
ふと、あることに気付いてしまいました。

シオが好きな日本地図と日本列島はイコ-ルじゃない!?

天気予報に映る地図を楽しみにしているシオですが、
関東の予報の前の全国の予報のときの「日本列島」にはあまり反応がない・・・
4枚にわかれている日本地図パズル(ピクチュアパズル 日本地図)では、
形で「都府県名」がわかるほどになっているものの、
確かに、4枚に分かれていては全体像が掴めないですよね

う~ん、と考えた末に、↓コレを購入しました。

くもん・日本地図

PN-11 くもんのNEW日本地図パズル
本当はこれはもっとずっと後に買おうと思っていたので、
「シオにはまだ早いかな~」という心配もありましたが、
いつか買うものなら、今買っても同じ!と思いきって購入しました。

これは地方ごとに色分けされている「基本ピース」と、
全国が同じ色の「発展ピース」の2セット入っているのですが、
細かいピースとプラスチック製のつるつるした感じが合わさって、
初めは私も夫もピースの扱いにとまどってしまいました

案の定、シオは大得意な関東でさえ、日本列島のどの部分なのかもわからない様子でした。
最初のうちは「とりあえず北海道はいれとく!」みたいな感じで、
気付くと北海道だけがポツンとはまっていました
それにやっぱりピースがうまく扱えないようで、
場所がわかってもすべってうまく入れられないので、ちょっとイラっとくることもあるようですが、
それでもおもしろいようで、一日に何回も出しては遊んでいます

今日で購入してちょうど1週間になりますが、
4枚にわかれていたとはいえ、形や位置関係は理解していただけあって、
半分くらいは一人でできるようになりました
ピースがうまく入るように周りを押さえる、という反則ワザをするとほとんどできるのですが、
これをいつもすると意味がありませんから、
「ママ(押さえて)」の2回に1度くらいしか手を貸さないようにしています
(手助けしすぎかもしれませんが・・・

でも、ピースがすべりやすい、ということが巧緻性を高める良い方向に働いている感じがします
全部を一人でできるようになるには、まだかかりそうですが、
手先が器用になるのでいいかな~と思っています

テーマ:早期教育・幼児教育 - ジャンル:育児

21 : 07 : 06 | 地図 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
(番外編)きっかけの話をしよう。
2006 / 02 / 07 ( Tue )
私が幼児教育に興味持ったのはシオが1歳になった頃だったと思います。
育児系の雑誌にこう書いてあるのを読んでからでした。

人間の脳細胞の情報伝達回路であるシナプスは、
2歳までに60%、6歳までに90%が形成されるので、
この時期シナプスの適度な刺激は脳の発達に大きく作用します。

ハッキリ言って「えぇ!?」でした。
それまではどちらかというと幼児教育に消極的だったと思います。
私は何よりも新生児からの人格形成が一番大切だと思っていたので、
(今思うと無知な自分が恥ずかしいのですが
それを読んだときはとにかく、ただただビックリという感じでした

それから本やネットでとにかく調べまくりました
それでやっと幼児教育の大切さに気付いて、夫ともいろいろ何度も話し合って、
昨年の4月からシオを幼児教室(母子参加)に通わせるようになったわけです。
ただ、それがおもしろい
家ではしなかったことを体験できるので、シオが楽しそうなのはもちろんなのですが、
それよりも私がおもしろくておもしろくて
だって「子供に何かを教えるヒント」が体験しながら学べるんですから!

シオが何かを習得して吸収していく様子に、
「私ももっと何かを得なくっちゃ!」という思いもあって、
いわゆる「幼児教育」系の本をどんどん読むようになりました。
一冊の本の中に「これは使える!」と思うお話がひとつくらいは絶対にあるものです。
どんなに著名な方の本でも自分に響かないことを我が子に実践してみようとは思いませんものね。

本

↑↑ 「幼児教育」系の本は読んでも本棚にはしまわないで、
リビングに置いていつでも開けるようにしています。

ただ、ランキングに参加していることもあり、たくさんのブログを拝見するようになりました。
自然に、でもきちんと幼児教育をしていらっしゃる方のお話を読むたびに、
「あぁ、自分はまだまだ机上の知識かなぁ」と思ってしまいます
でも、今までした数々勉強や趣味よりも、
シオを育てることが(もちろん知育も含めて)一番興味があって一番楽しいので、
シオと同じように、私も成長していくようにがんばろうと強く思います


テーマ:知育のはなし - ジャンル:育児

23 : 18 : 13 | いろんな話をしよう。 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
絵本を読もう。
2006 / 02 / 06 ( Mon )
突然なのですが、みなさんはお子さんに絵本をどんな風に読んであげていますか?

シオは最近「絵」だけでなく「ストーリー」にも興味がでてきたようです
もともとシオは絵本よりも図鑑のような本が好きだったので、
絵本に興味を持ってくれてとっても嬉しいです

絵本の読み聞かせの大切さについては、みなさん十分に知っていらっしゃると思いますが、
子供の知能指数を高めたければ、たくさんの絵本を読み聞かせるとこが重要だそうです。
多くの絵本に接することで、語彙(ごい)を増やすとこができる、とか、
道徳やいろいろな知識、痛みや喜び、悲しみということを、
絵本を通して疑似体験することによって身に付けることができる、などと言われていますが、
「1週間に何冊くらい読むのが良いか」ということを考えてみたことはありますか?

あるアンケートでは「10冊~15冊」という方が一番多いそうです。ちょっと驚きでした
また、幼児教育で著名なある方の本には「1年間で300冊と目標に」と書かれてありました。
そうなると家にある絵本では足りなくなってくるので、図書館を有効的に活用するしかないですよね。
私も暖かくなったら、子供乗せ自転車を購入して毎週図書館に通おうと決めています
(今はたまに行くくらいです。。。反省
毎日違う本を1冊読んであげることができれば、
それは子供にも読む側のこちらにもとっても、とってもステキなことですものね♪

話は少し変わるのですが、最近あるHPにこう書いてあるのを読みました。
絵本を読むときに質問やテストをしないようにしましょう、と。
そのHPは幼児教育のことについて書かれているHPで、
実際に幼児教育に携わっていた方の貴重なお話が書かれていて、
勉強になることが多く、私はよく拝見しています。

シオはもともと図鑑が好きだと言いましたが、
それに加えて質問されることが大好きです。
ずいぶんそうやっていろいろなことを覚えて学んできました。

絵本を読むときにすすんで質問をしているワケではないですし、
私は親も楽しみながら読んで、それを子供も楽しく聞いてくれれば良いと思っているのですが、
ちょっと読み聞かせ方について思案中です

↓↓ シオがお気に入りの絵本の一部をご紹介します♪

こどもずかん

↑↑ 0さい~4さいこどもずかん 英語つき
1年前くらいに買った本ですが、とにかく大好きで今でもとっても活躍している本です。
シオが知らないものを説明するときや、外やTVで見たものをこの本で確認したり。。。
しばらくすると自分から見たものや聞いたものを復習するようにもなりました
それに英語でも書いてあるので両方を覚えられてとっても便利です♪
(半年くらい前に0さい~4さい こどもずかん もっと 英語つきも購入しました!)

ぐりとぐら

↑↑ ぐりとぐら
幼児教室でも「小学校受験に役立つ絵本」としておすすめの本です!
シオはぐりとぐらのシリーズをあと2冊持っていますが、どれもとっても好きです♪
こちらも読んでいて懐かしい本です

おおきなかぶ

↑↑ おおきなかぶ―ロシア民話
こちらは「幼稚園受験に役立つ絵本」として推奨されている絵本です。
シオはリズム感のあるストーリーがお気に入りのようです♪

そらまめくんのベット

↑↑ そらまめくんのベッド
絵がとってもカワイイ絵本です♪
シオもすぐに大好きになった絵本で、最近の「おやすみ前の1冊」はこれです

次回は少し「知育」から離れた「番外編」を書く予定です♪

テーマ:早期教育・幼児教育 - ジャンル:育児

12 : 08 : 27 | 絵本 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
地図を楽しもう。
2006 / 02 / 03 ( Fri )
シオは地図が好きで、場所や形で「都府県名」を答えることができます。

例えば天気予報の「関東の詳しい予報」を見ている時に、
テレビの地図を指しながら半時計回りに「千葉・茨城・栃木・静岡・東京!」と言います。
「神奈川は?どこ?」など質問すると答えるのですが、なぜかいつもこの順番で繰り返します。

シオが地図を好きになったきっかけは、ズバリ私が地理が大得意だったからです
(親の知性能力から子供の得意なものを見つけ出すことが可能という説もあるんですよ

シオがパズルが大好きだということは書きましたが、
日本地図のパズルも「これもできるかなぁ。」となんとなく購入しました。
日本が4枚のパズルにわかれていて、ピースが大体その「都道府県」の形になっています。
(4枚セットなのにお値段がお手ごろです♪)

日本地図パズル
↑↑ ピクチュアパズル 日本地図
これは4枚のうちの関東が入っているパズルです。

まずは関東の入っているパズル、次は西日本、その次は東北。
と、一人でできるようになってから1枚ずつ渡していきました。
北海道は渡したばかりなので、まだ全部はできませんが(北海道も細かく分かれています!)
他の3枚は一人で全部できるになりました。
しかもピースが裏返しになっていても、形を見ただけでココとわかるうえに、
名前も覚えているところには、本当に周りのほうがビックリでした
(まだおしゃべりはあまりできないので、ハッキリ言える名前も12・3箇所ですが

これも最初は平面構成力のひとつとして良いかな、と思っていたのですが、
それを超える効果があったことに私もビックリしています。
興味のあるものなら年齢の範囲以上の力を発揮するんだなぁ、と改めて思いました。
(前回の比較力と同じですね。)

興味のあることなら、次へもつながりやすい!と、再認識です。
確かに大人もそうですものね。「楽しく学ぶ」は基本ですね♪♪

テーマ:早期教育・幼児教育 - ジャンル:育児

19 : 56 : 52 | 地図 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
比較力をつけよう。
2006 / 02 / 01 ( Wed )
今日は大小の比較について書きたいと思います。

幼児教室でも大小の比較がテーマの内容が2度ありました。
一度目は2者の比較(大きいと小さい)で、三度目は3者の比較(中くらいも含む)でした。
教室ではすんなりできたシオでしたが、
家で改めて聞いてみると、わからない時がけっこうあることに気づきました

先生に伺うと、「この年齢の理解力はまだ頭に定着するまでにはなかなかいきません。」
ということでした。
「だから繰り返し何度も大小を刺激してあげてください。」ともおっしゃっていました。
なるほど、だから「トマト」ではわかっても「お皿」ではわからなかったのかぁ。。。(^_^;)

それ以来、家でも大小の比較に気をつけるようにしています。
トーマスが大好きなシオはいろいろな大きさの車両を持っているので、
遊んでいる時には何気なく「どっちが大きい?」と聞くようにしています。
今はまだわかったり、わからなかったりですが、気長に繰り返すしかありませんものね

パーシーの比較
↑↑ シオの一番好きな「パーシー」でくらべっこ。

大小の比較をするときも平面よりも立体の方が理解しやすいそうです。
例えば3者を比較するときに、箱を大きい順に並べていくなどですが、
特に大きい箱に中くらいの箱、その中に小さな箱を入れていくと正確に理解できるようです。
立体が簡単に比較できるようになったら、
平面のハンカチなどを大きい順に重ねていくようにしていくと良いですね。
生活に密着していて、おもしろいものなら年齢の範囲以上の比較力を発揮してくれるそうです。

ABCブロック
↑↑ ABCブロック
シオは持っていないのですが、私の友人の子供にプレゼントしたおもちゃです。
大小10コの箱にアルファベットと、カラフルな関連の絵が描かれているので、
大小の比較とアルファベットの両方が楽しく学べますね♪
(同じシリーズでナンバーブロックもあります。)

次回はシオが好きな地図の話を書きたいと思います♪

テーマ:早期教育・幼児教育 - ジャンル:育児

11 : 29 : 38 | 比較力 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。