スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
漢字で教えよう。
2006 / 03 / 29 ( Wed )
図書館で予約中です、と書いたかなから教えていませんか?を読みました
(とっくに読み終わったのですが、読み返したいので延長してまだ手元にあります

その中に漢字教育とは「漢字教えること」ではなく、「漢字教えること」だとありました。
また、あらゆる領域の教育を「漢字」で行なうだけで、
子供が漢字を覚えようが覚えまいが、それは問題にしないともありました。
以前読んだ本の中にもたぶん同じようなことが書かれていたと思うのですが、
それをあらためて読んで、「あぁ、そうか~」と思いました。
こちらが「さぁ、覚えましょう!」という気持ちなら、子供の気持ちも半減してしまいますものね。
私もどこかでそんな気持ちがあったのかなぁ、と反省してしまいました

以前に漢字に興味をもとう。の記事の中で書きましたが、
シオは1週間で4つの漢字を覚えました
でもその時は楽しそうかな?と言えば「う~ん」と言う感じでした。
大人の感覚で言うと、興味はあるけれどそこまでの楽しさが見出せないという感じでしょうか?
なので、カードを見せて覚えさせるというやり方は、もうできないなぁと思ってました。
でも「なにげなく」現れる漢字には興味を示してよく覚えるので、
この「なにげなく」でやっていきたいなぁ、と思っていました。

漢字教育のやり方としては本の中にいくつか事例が挙がっていますが、
その中で私が「これはいいな!」と思ったものをご紹介します。
まず私が試したカードを毎日一枚ずつ見せるいう方法をご紹介しますね。

これのやり方は一日3回食事の前後に漢字の書かれたカードを見せていきます。
そして二日目に前の日のカードを見せて「これは何という字?」と聞きます。
本には「必ずといって良いくらい正しく読みます」とありますが、確かにシオもちゃんと答えました。
読めたら新しいカードを1枚追加にして同じ要領でカードを見せます。
(読めなくても初めて教える調子でもう一度教えることが大切だそうです)
八日目にはカードが7枚になりますが、それ以降はカードを追加するごとに1枚減らしていくので、
毎日7枚のカードを質問していくことになります。

シオにも7枚のカードを見せましたが、一週間限定でカードを見せたために、
最後の三日間の3枚はあやふやな記憶のようです。
正しく言えることもあれば、他のカードとゴチャゴチャになっていることもある、という感じです。
繰り返し続けていけば覚えてしまうのかもしれませんが、
この方法はそれ以降は続けていないのでわかりません。

他にも「かるた」や「絵本」を使う方法がありましたが、
(絵本については後でくわしく書きますね
私がしようと思ったものは「実体に即して漢字を教える」という方法です。

例えば「椅子」に「椅子」という漢字を貼っておくいう方法です。
子供は実体のあるものの方が覚えやすいそうです。
例えば「熱い」と書かれた瓶を子供に触らせると、この経験が「熱い」という文字に結びつくので、
次に「熱い」という字を見れば熱かった体験を思い出す、と書かれていました。
「冷たい」や「長い」・「短い」・「重い」「軽い」も同じようにして教えることができるとありました。
なるほど、ですよね
「なにげなく」ならば、この方法しかない!と思った私は、
夫に手伝ってもらって、さっそくカード作りを始めました

この先長くなってしまうので、次回に続きます
スポンサーサイト

テーマ:早期教育・幼児教育 - ジャンル:育児

13 : 47 : 28 | 漢字教育 | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
<<(続)漢字で教えよう。 | ホーム | 選挙に行こう。>>
コメント
----

また、旦那さん、カード作りの日々ですね!

漢字が早く読めるようになったら、いろんな知識を早くから自分で取り入れていけますもんね!
家の中に貼るのは大変そうなので、カルタや絵本でもやってみようかな!
by: ケコ * 2006/03/29 19:41 * URL [ 編集] | page top↑
--がんばってますね♪--

シオくんすごいですね!
(いつも思うのですが・・・(^^)
紗夢ちゃんでも習っていない漢字です(^^;
家には英語のカードがたくさんはってあるので、漢字は普段の生活で目にするものを
積極的に教えていきたいですね(^^)b
ご紹介の本、読んでみたいですね!
読みたい本がたくさんあるのですが・・・。
pokuさんとパパさんの取り組み、すばらしいです!
by: しゃらまむ * 2006/03/29 22:02 * URL [ 編集] | page top↑
----

「を」と「で」の違いは大きいですね。以前、あるお母さんが漢字をカードで教えて、幼稚園児で、「薔薇」や「醤油」など難しい漢字までかなりの数を覚えた子の記事を読んだことがあります。漢字を覚えてしまったため、本も難なくいろいろなものが自分で読めます。漢字だけの取り組みで他の事は読書から得られ、親も本人も非常に楽だというものでした。
私も漢字教育には非常に興味があります。この後が楽しみです。
by: かかくり9年 * 2006/03/30 01:48 * URL [ 編集] | page top↑
----

「家中に貼る」は我が家もちょうど考えていたところです。(記事に書きました)
実物と一致するのが分かりやすいと私も思うから。
漢字についてはまだいろいろ考えてますけど、楽しく覚えられると良いですよね(^^)
by: あひる * 2006/03/30 08:09 * URL [ 編集] | page top↑
--ケコさんへ--

今回のカード作りの9割は私が担当しています♪
忙しい夫に頼っていたら、どうしても土日まで待たないといけませんからi-229
もうすっかり職人ワザですi-184
by: poku(ケコさんへ) * 2006/03/30 12:05 * URL [ 編集] | page top↑
--しゃらまむさんへ--

家の中に英単語も貼りたいと思っているんです~。
(しゃらまむさんが以前に記事に書かれていたのを拝見した時から思ってますi-265
私も漢字は身の回りにあるものの方が覚えやすそうだなと思いましたi-190

私も読みたい本がたくさんあって、どれから読もうかな・・・と思うほどです!
この本もいつか読んでみてくださいね♪
by: poku(しゃらまむさんへ) * 2006/03/30 12:11 * URL [ 編集] | page top↑
--かかくり9年さんへ--

本当に。「で」と「を」の違いは大きいですね。
私は「で」ということを意識するとこで、ずいぶん肩の力をぬいていられる感じですi-229
漢字が読めるようになると、他のことにも良い影響を与えられる気はします。
特に自分でたくさんの本を読めることは、とっても良いことだと私も思いますi-189
続きを楽しみにしてくださって光栄ですi-237
by: poku(かかくり9年さんへ) * 2006/03/30 12:16 * URL [ 編集] | page top↑
--あひるさんへ--

漢字を貼る、ということは幼稚園や保育園でもされているところがあるようですね!
「いつも特に意識しなくても目に入る」効果は大きいと思いますi-190
それにゆ~のちゃんならすぐ覚えられそうですものね!
by: poku(あひるさんへ) * 2006/03/30 12:18 * URL [ 編集] | page top↑
--なるほど・・--

なるほど!と思うことがココに来るととっても多いです!!
本をいっぱい読まれたり・・・pokuさんの熱心さには、とてもとてもかなわないっ!!
家中に貼るというのは、
子供も、いつもと違うのでコレなんだろう?って興味を持つので、
とてもイイなーと思いました。
興味をいかに持たせるかって大事ですもんねぇ・・・興味さえ持ってくれれば、やりやすくなりますよね。
夜中、子供が寝てる間に貼って置けば
朝、興味津々で見たり、聞いてきたりする姿が想像つきます!
続きを楽しみにしていますっ☆
by: happy☆年子ママ * 2006/04/02 07:36 * URL [ 編集] | page top↑
--happy☆年子ママさんへ--

ありがとうございますi-190

そうなんですよね。
おっしゃるとおり、興味をどうやってもたせるか、がポイントなんですよね~i-229
子供が興味さえ持ってくれれば、こちらが思う以上に、
吸収してくれますものねi-190
この話の記事はまだまだ続きますのでぜひぜひ読んでくださいね♪

by: poku(happy☆年子ママさんへ) * 2006/04/03 13:38 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://pokupokumama.blog39.fc2.com/tb.php/39-02db92f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。